読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「地方が生き残るためには」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

newspicks.com

 

平成の大合併から10年。若手リーダーは何に向き合うべきか』

内容

 博報堂ブランドデザイン スマート×都市デザイン研究所所長の深谷信介氏が非常勤職員として関わっている茨城県桜川市富山県富山市での話をもとに地方の現状について話す。

項目

・「平成の大合併の爪あと」からの新たな一歩へ

・「自立」が、地方都市が生き残る道

・地方のニーズに応えるイノベーションを起こしたい

雑感

 今回の記事は主に桜川市での話をメインに書かれています。

 平成の大合併によって生まれ、現在も尾を引いている問題やUIターン者による成功例、地方がこれから生き残っていくために必要だと考えること、地方創生人材支援制度について、マーケティングについてといった内容が、それほど多くは無い文量で書かれております。

 詳細はぜひ記事を参照いただければと思います。

 その通りだと感じる内容もありますが、やはり、疑問もあります。

・人口減少が確定している中で、そもそも自治体を維持していくという考え方が適切なのか。

・よそ者は関与する程度で良いのか。寧ろ主体となり、行政や住民が追従するべきなのではないか。(現在の衰退を招いたのは他ならぬ行政や住民であり、それらが主体のままでは結局変化をもたらせないのではないか)

・マーケティングの対象は住民で良いのか。それならば、通常の商品企画、開発におけるマーケティングよりもターゲット数が限定されているのではないか。

・地元学という提案は多くの自治体で成されているが、その地元に拘る思考が現在の衰退を招いたのではないか。

 疑問点は主に上記四点です。

 それぞれについては、度々このブログにおいて書いておりますので、今回は省きますが、一つ一つについて、どれも真剣に考える必要性があると個人的には感じます。

 地方創生、地方活性化という言葉を出しながらも実のところそれほど考えていない人々にあっては、然したる疑問も危機感も覚えないのかもしれませんが。それはそれで個々人の見識によるものであると思いますので、否定するようなものでもないと考えます。

 ただ、結果が伴い、あるいは自己満足で終わる。それだけの話ですし。

 究極的に言えば、私に限らず、大半の人はその地域がダメだと感じたならば、そこから出ていけば良いだけの話に過ぎないわけですから。

 そして、その結果の一つとして、地方の今があるというだけの話です。

 今後、この流れは止まることなく、人口の流出は進んでいくのだと思います。地方がそういった流れを作ってしまっているのですから、現状のまま過激とも言えるほどの大きな変化を作ることができないのであれば、それは変わらないと思います。

 今の地方創生、地方活性化は地力のなさを大きな要因として小手先の印象が非常に強い。

 故に、恐らくこの流れは止まることは無いだろう――と、私は考えます。

 やはり、つまるところはそれだけの話なのです。

 どうにか、少しでも、良くなれば良い、少なくとも若者や子供にとって希望や可能性を育むことのできる地域になって欲しいと思い、思考や試行を続けてはおりますが、地域にその気がなければどうにもならないわけですから。それは私に限った話ではないと考えます。

 とりあえず、少なくとも今の未来の希望や可能性を考える力のない人が上に立った、つまらない、詰むばかりの在り方では、この地域は良くなることはない――そう強く感じます。

 私としては、前述した通り、それならそれで構わないと思いますが。それはそれで、少なくとも今上に立っている人が描き選んだ廃道です。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 月が変わっても、相変わらず悪天候は続きます。

 午前中は良かったのですが、それも気のせいだったかと思うような雨模様。

 気分も下降するというものです。

 なんでも近々、岩手県においては知事選が行われるということですが(度々書いていますが)、やはりそういった空気は感じませんね。

 現知事は余裕なのか、Twitterにおいては余計なことばかりを口走る始末です。

 少なくとも岩手県の未来にも明るいものは感じられないというこの有り様には、悲しさしか感じません。

 県知事が所詮は政党の傀儡というのも残念なものでしかないわけですが、その発言が意としているだろうことも浅ましく、岩手県の知事はこれほどまでに愚かな人間だったか――と言葉汚く言ってしまえば、そういった幻滅を抱くばかりです。

 とはいえ、このブログは基本的に政治に関しては余り書かないようにしているので、選挙や知事といった地方自治にまつわる感想程度に留めたいと思いますが(それもそれで政治には違いありませんけれど)、今回ばかりはがっかりとしか言いようがありませんね。

 果たして、選挙に時間を割く価値があるかといった心象です。

 手間賃を払って欲しいと思う人も少なくないのではないでしょうか。

 所詮岩手県と言ってしまえばそれまでですが、正直を申せば、岩手県に関しては、人口が流出するのもやむを得ない、寧ろ転出こそが賢明な判断であると感じるばかりです。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ