読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「ストーリーの力」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

 

newspicks.com

 

『宮崎県小林市の移住促進PR動画「ンダモシタン小林」のストーリー』

内容

 宮崎県小林市が、移住促進のために制作したPRムービー

雑感

 詳細は動画および記事を参照いただけますと幸いです。

 短いながら非常に良くできた動画だと感じました。特に記事において説明されておりますが、動画を繰り返しみたくなるとある仕掛け、その仕掛けが明かされる最後が素晴らしい。

 これは巧い。

 五日間で再生回数が十万回を突破するのも理解できるように感じます。

 これまでまったくの無名に等しかった宮崎県小林市ですが、この動画によって全国的に話題となり、プロモーションとしては成功と言えるのではないかと記事中では記されております。

 これについては同感です。少なくとも存在すら認知されていなかった町の名前がネット、テレビと取り上げられ、全国的に話題になったのですから、これは成功と言えるに違いありません。

 とはいえ、あくまでこの成功はプロモーションの成功であり、本来の目的であるところの移住促進について成功と言えるかは今後の努力次第であると考えますが。

 しかし、話題を作ること、広めること自体が難しい状況にあって、このプロモーションが素晴らしいことに違いありません。

 これは記事中でも触れられていますが、単なる企画として打ち出したのではなく、そこにしっかりとしたストーリーを組み込むことができているからだと感じます。

 地方活性化、移住促進と言うと、企画だけ起こす自治体ばかりですが、本来そこには人の関心を集め、呼び寄せるためのストーリーが必要なはずです。

 この町にはこういった良い物がある。

 この町はこういった良い部分がある。

 それだけ声高に叫ばれたところで、所詮は「ふーん」程度なものです。そこから先に繋げるにはどうしたところで、そのかすかな関心をその土地や商品などへと導くストーリーが肝要。

 現状の地方自治体の多くは企画頼みの感が否めず、ストーリーはもちろん戦略さえ見当たらないことが多い。これでは良くて一過性で終わってしまいます。

 岩手県の知事にあってはしきり交付金こそが地方創生に必要なものだと叫んでおりますが、それも活用するストーリーなり戦略なりがなければムダ金であり、全く意味を成さないわけで、それが示せていない以上は、能力不足から視線を逸らすための発言という意味合いしか持たないでしょう。

 ストーリーや戦略が本来土台になければいけないものなのです。

 それを軽視する限り、何を行ったところで長期的な成功は見込めないことでしょう。

 起業などにはある程度見切り発車の要素も必要とは言いますが、それと地域活性化や移住促進などといった長期的かつ個人に深く入り込む必要のある事業を行うことを一緒くたにするのは余りにも疎かと言えます。何より、用いるお金の質が異なりますので、失敗するかどうか以前の問題として、納得と共感を生む要素を築くことは必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 ブログの運営の外にライティングの方も行っているわけですが(なのに何故オリジナルのブログ更新を滅多に行わないのかというツッコみに対しては何も言えませんが)、久しぶりに一万字程度の執筆を行うとどうも息切れのようなものを感じてしまいます。

 こういった思いを抱くと、やはり文字を書くにしても日々の積み重ねというものは大切だと感じ入るばかりです。

 とはいえ、NewsPicksでのコメントの総文字数をカウントすれば、日々一万字とは言わずとも数千字は書いていそうなものですし、このブログにしても大体の更新が千字から二千字程度であるため、少なくとも以前に比べれば多くの文字を書いていることに違いはないわけですが。

 尤も、一番文字を書いていた時期は三~四日で十万字超といった文字数を苦もなく書いていたため、どうしたところで衰えたと感じざるを得ないのですが。

 何より、ブログの更新の平均文字数であるところの千から二千字という文量はある程度集中すれば精々が三十分程度で書くことのできる量であるため、これを怠慢と言わないかどうかも疑問に感じます。

 しかし、あくまで文字を書いているだけでは、先述したストーリーを書くことも描くことも能力として磨くことはできないため、この点においては精進が不足しているのも確かです。

 何が言いたいかと言えば、いくら一生懸命仕事を行っていたところで、町の中心に触れていたところで、町に人を引き寄せるストーリーを描くことができる力が手に入るかと言えば、それはそれとして全く別の話だということです。

 企画にしても同じです。ただ企画しているだけの人間もまた、普段からストーリーというものを意識してそれを行っていない限り、いくらその数を重ねたところでやはり必要となる力は手に入らないのです。

 地方に限った話でもありませんが、そうはいっても地方ほどこういった能力についてろくに考えもせず、過信し、然したる成果も出さずに数だけ打つような怠慢が繰り返されているのは火を見るより明らかであり、そろそろ非を見て、否を認め、真に必要な在り方、自らの力の無さとすべき努力を考えて欲しいものだと感じるばかりです。

 ちなみにこのブログもある程度ストーリーを描いており、これについては概ね描いた通りの進捗状況になっております。

 気ままな運営、不調な運営に見えるかもしれませんが。

 動かしている以上、もう少し加速したいというのはもちろんありますけれど。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ