読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「クラウドソーシングの在り方」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

 

newspicks.com

 

クラウドソーシング上で「ブラック企業の体験談」が300字54円で発注されている皮肉』

内容

 働き方の多様化の手法の一つとして挙げられるクラウドソーシング。オフィスで働くことのできない人のチャンスとして注目される一方で、発注単価が低く利用者が限られることが懸念されている。

雑感

 この記事の内容及び、記事中で取り上げられているイケダハヤト氏の提案する最低時給に関して、個人的には否定的です。

 まず、クラウドソーシングは言ってしまえば内職です。雇用ではなく、あくまで個人事業主として業務を請負う体裁になります。

 単価の低さを問題として挙げていますが、確かに低い単価自体は改善されるに越したことがないと言える一方、それは何もクラウドソーシングに限らず内職全般に言えることであり、金額の単位が異なるにせよ、世の請負という請負はこの問題に悩まされているのが実情です。他も低いのだからこちらも低くて問題ないと言うつもりはありませんが、クラウドソーシングのみを切り取って単価が低い、これでは利用者が限られるなどといった批判を行うのは些か筋がおかしい。

 また、雇用ではないため最低時給という考え方もおかしい。

 請負である以上、発生するお金が給与や賃金の類いでないことは当然として、報酬は時間ではなく結果に対して支払われるものです。この二点から、最低時給といった考えはそもそも成立し得ないものになります。

 仮に低単価対策として講じるにしても、最低単価ないし最低字価といったものの方が適切と言えます――これは揚げ足取りでしかありませんので、あくまでアイロニーとしての例えに過ぎませんが。

 何より、根本的なことですが、雇用ではなく、あくまで発注者側がその単価で仕事を提案していると言うのがクラウドソーシングのシステムであるため、単純な話、請負わなければ良いだけの話です。雇用において、嫌なら辞めれば良いといったもの以上に単純な話です。

 困るのはその仕事を請け負う者がおらずに完成させることのできなくなる発注者です。

 わざわざ単価が低いと文句を言いながら請け負う必要はないですし、請負ったのであれば文句を言うのはやはり筋が悪い。

 雇われているだけの人間と自分で仕事をしている人間とでは仕事と報酬に対して、考え方の土台レベルで異なるというのはよく言われていることですが、請負って単価が低いと嘆くことや最低時給を定めるべきといった考えは前者のそれであり、そもそもこういった仕事の行い方そのものに適していません。何らかの形で雇用される方法を模索するか雇用されるために努力した方が賢明でしょう。

 個人事業主として仕事を行っていくというのはそういう話であり、クラウドソーシングは気軽にできるという触れ込みがされているとはいえ、そういう在り方を必要とする働き方です。この点を勘違いしてはいけない。

 そもそも、そうであるがために、クラウドソーシングを運営する会社はシステムとして単価の交渉が行えるようにサービスを設計しています。単価が少ないと思えば交渉すれば良いだけであり、それが実を結ぶかどうかはその人の能力の問題と言えます。

 いかんせん新しい働き方として綺麗に彩られて祭り上げられているために、良い点ばかりを見ようとし、現実的な考え方を持てない人々が難癖をつけておりますが、クラウドソーシングは基本的に雇用ではなく、賃金として報酬が保障されるものではないという基本的な点を弁えない人が余りにも多いように感じます。

 また、クラウドソーシングにおいては、何も全てが安価で発注されているわけではありません。

 求められる技術に見合っているかどうかはさておき、特に地方という場を考えたとき、その地域で正社員として働く倍以上の金額が提示されているものも少なくありません。

 今回取り上げられているのは、基本的に技術を要しない、誰でもできる類いの仕事に他なりません。

 誰でもできるような作業を大した付加価値を示すことを行って高額の報酬を求めるというのは、雇用でもあるまい、随分と虫の良い話だと言えないでしょうか。

 それが罷り通るのであれば、およそ雇用に不満を抱く人々の多くは個人事業主として自身で何らかの事業を運営した方が良いに違いありません。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 私もクラウドソーシングは利用しているため、ここで何故か問題視されている単価の仕事は数多く見ています。

 とはいえ、この記事で取り上げられている一文字いくらという数字は、実際に労力として考えたとき、さほど酷いものと感じることはありません。

 理由は単純で、たとえば400字で108円というものについて、恐らく大抵の人はこの仕事を終えるのにかかっても10分、積極的にクラウドソーシングを利用している人であれば精々5分かかるかどうかであるはずです(むしろ余りにも時間のかかる人はやらないでしょう)。

 最低時給などと声を上げる人もいるようですが、仮に10分かかったとして、これを時給換算するのであれば、108円×6で648円。確かに現実の雇用にあてはめればどの都道府県においても最低時給を割る金額に違いありません。これが雇用であれば687円程度は最低でも頂けるはずです。しかし、実際のところ労力として考えたとき、労力自体は1/6しかかかっておらず、時給で換算すれば648円程度の価値の仕事であっても実際に行っているのは10分程度であり、それくらいの仕事量です。価値という観点で言えば、決して悪質と言えるものではないのではないかと感じます。いやいや、一時間にならして考えたからそうであるだけで、雇用の方も10分として考えなければおかしいと考えるかもしれませんが、そもそも雇用ならば10分ではお金を頂くことは現実的には不可能です。

 精々、仮にこの単価の仕事を6本行ったときの労力とで比べるのが妥当でしょう。

 その場合は恐らく雇用の方が楽である可能性は高いですが、かといって、オフィスに通うことなく自宅で好きな時間に好きな量行うことのできるクラウドソーシングのメリットも含めて考えて、割に合わないと考えられるかどうかは議論の分かれるところだと思います。議論の分かれると言いますか、個人の能力次第という話かと思いますが。

 個人的には、通勤、オフィス、時間という雇用によって発生する数多くの制限と相殺される程度の差異ではないかと感じますが、あくまでこの点は個人の主観によってくる点だとは思います。

 結局のところ、この議論については、雇用と請負ではお金を頂くことに対する考え方、概念がそもそも異なるため、同じものさしでは測れないという点に落ち着くはずです。

 たとえば、国が率先してクラウドソーシングを勧めるなどといったことが起これば、ある程度単価の下限が指示されることがあるかもしれませんが、それは国なり運営会社が考えることであり、やはり、請負側がどうこう言うことではありません。

 あくまで請負側にあるのは選択する自由と交渉する自由です。これが侵害されていない限り、問題は本来ないはずです。

 よほど会社員として吸ってきた甘い汁が恋しいのでもない限り、上げるような不満でもないでしょう。

 むしろ請負う側として問題視するのであれば、運営会社が徴収するマージンの方ではないかと考えます。現状のクラウドソーシングはどうしたところで運営会社が儲かるシステムになっているのですから。

 そうはいっても、個人的に問題に感じるのはそういった単価についてのせせこましい内容ではなく、たとえばライティングの仕事の場合、自分が書いた文章を届ける相手が分からず、発注者側の趣向なり指示なりに合わせたものを書かざるを得ない状況の方です。

 発注者が納得して報酬を頂くことができればそれで良いという考えもあるのでしょうけれど(現状のクラウドソーシングは概ねこの考え方に則っていると考えます)、やはりライティングするこちらとしては、作る以上は、発注者のその先、エンドユーザーにとって価値あるものを作りたいという想いを抱くわけです。しかし、実際は自分の作ったものがどういう風に利用されるのかも分からないため、与えられた指示に従ったものを作るしかない。そもそもそういったエンドユーザーのことは発注者が考えることであり、その考えに則ったものを仕上げれば良いということなのかもしれませんが、やはりそれはそれで悩ましいものがあるわけです。

 できれば、この点について改善が図られないものかと感じてしまいます。

 その点については、請負う側が発注者に確認すれば良いという考え方なのかもしれませんが、それをオープンにする発注者は非常に少ないのが実情ではあります。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ