読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「相談できない人はダメ?」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

newspicks.com

 

『残念な人に足りないのは「相談力」だった!』

内容

 相談にまつわる話

項目

・相談しなければならないケースが激増

・必要となる3つの心構え

・この3つはやってはいけない!

雑感

 一口に相談といっても仕事と私事における相談や上司と部下における相談と公的機関などに対して行う相談ではタイプが大きく異なるため、この記事におけるコツや心構え、やってはいけないことについては、どうしたところで、その相談の種類によって変わってきます。よって、このごちゃついた記事に書いてあることを書いてあるままに真に受けるのもどこか危うさがあります。

 ところで、当ブログにおいてはオリジナルの更新内容として、相談に関する不定期連載を行っております。

 

 

rebreb.hatenadiary.com

rebreb.hatenadiary.com

 上記の記事です。

 しかし、今回の記事は本来この更新内容で言うところの相談とは異なる意味合いでの相談について書こうとした記事だと推察されるため、この雑感においても、当ブログで行っている相談からは大きく離れ、この記事が目指したであろう相談についての内容に対する雑感を述べようと思います。

 あえて、このような前置きをするのには理由がありまして、それは何かと言うと、業務として行う相談に対するスタンス、考え方と、業務上発生する個人的なトラブルや困り事などに関連して行う必要性の生じる相談に対するスタンスや考え方については、個人的に大きく異なる指針を持っているからです。

 そのため、今回述べる内容と、不定期連載を行っているものにおいて述べる内容とで大きな乖離が生じることが想定されるため、あえてこのような前置きをいたしました。

 早い話が言い訳ですが。

 さておき、今回取り上げた記事に対する雑感を述べます。

 今回取り上げた記事は、タイトルにおいて、「残念な人=相談力の不足している人」という提起を行っております。

 これにてついて、私としては同意する所存です。

 なぜなら、世に言う仕事のできない人の大半が、できないのにもかかわらず相談しないという在り方が目立つことは、自身の経験上また見聞上明白だからです。

 質問することが失敗や失態だと思っているのか、仕事のできない残念な人は不思議なほど相談というものを行わない傾向が見られます。

 そもそもどのように相談して良いか分からないのではないかという見方もできますが、それ自体が仕事のできない、残念の烙印を押されても致し方ないわけです。

 また、中にはそれで自分が仕事のできる人間だとでも言わんばかりの姿勢でいる人間もいます。より残念なタイプであり、よりタチの悪いタイプです。

 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とはよく言ったものですが、これは非常に的を射ています。

 後者のタイプは正直なところもはやどうしようもないため、前者についてのみ触れますが、まず、聞かずに失敗することが最も悪いケースです。

 場合によっては取り返しのつかない状況に陥る可能性がある。

 そうなる前に相談する必要があるわけですが、相談すること自体を失敗だと捉えているケースもある。

 職場や上司によっては相談することを失敗とみなすところや人もいないとは言いません。しかし、この場合は、その職場や上司が残念なケースです。そんな職場や上司は寧ろ捨てた方が良い。

 とはいえ、この相談ですが、なんでもかんでもすれば良いというわけではないことも確かです。

 つまり、

・一体何につまずいているのか。

・どうしたいと考えており、現在どのような状況にあるのか。

 最低でもこの二点は抑えた上で、相談した方が良い。人によっては、もう少し具体的な話を要求することもあるかと思いますが、とりあえず訊くといった相談にさえならなければ(あるいは何度も同じことを訊くなど)、単純にその相談という行為を以て失敗や失態とはみなされないかと思います。

 また、反面、相談を受ける立場の人にあっては、相談を行いやすくする環境を整えることは大切と言えます。

 たとえ、それが失敗や失態だと思っていないとしても、上司など目上の人に質問をするという行為はそれだけで萎縮するものです。

 私など、質問する行為そのものに申し訳なさを感じてしまうため、その行為の辛さ自体は察しないわけでもありません。

 質問しやすい環境が果たしてフレンドリーさなのか、対等な関係づくりなのか、あるいは別の何かなのか――その答えは職場や個人によって大きく変わってくるかと思いますが、少なくともそういった環境を作るための努力は必要と言えるでしょう。

 相談とは互いに談する行為に他なりません。

 一方がもう一方の話を聴く姿勢ができていなければできないことなのです。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 シルバーウィークも折り返し。

 本日は非常に天候に恵まれ、行楽などにはうってつけの日だったのではないでしょうか。

 そんな中でも変わり映えのしない部屋の中でこうしてブログを書いているのですから、不健康と言いますか不健全な感が否めません。

 互いに談するなどという言葉を書きながら、このブログ自体はほとんど一方通行なのですから、これはこれで皮肉にすら感じられます。

 暗にコメントなどを要求しているわけではありません。

 ただ、こういった複数の人で成り立つことについては、対談形式など、第三者との関係性の下で構成されたものの方が、説得力のようなものはありそうだと感じたというだけの話です。

 とはいえ、多くの場合、それがブログであろうと記事であろうと相談にまつわる話は大抵筆者の一人語りであることが多いわけですが。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

 

カスタム検索
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ