読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「移住したいと思える町に」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

newspicks.com

 

『◯◯にお金がかからない 移住者増加中「つくば」の魅力』

内容

 近年、移住者が増えているつくば市の魅力とは。

雑感

 研究学園都市として知られているつくば市

 近年、移住者も増えているということで、その理由を探った記事。

 選択と集中という言葉をたまに耳にする昨今ですが、つくば市もその一例に感じます。教育に特化している意味合いですが。とはいえ、最低限の都市機能はあり、都心へのアクセスも大きく改善された。住みやすさという点、子供を生み育てるという点においては、これほど環境が整ってきている場所もそう多くはないように感じます。

 地方への移住というと不便さが挙げられますが、その点も大方カバーできている。

 労働面についてはこの記事だけではなんとも言えませんが、家賃を低く抑えられ、また、最低限の都市機能を備えていることを思えば、大半の地方と呼ばれる地域のそれよりは整備されていることが推察されます。何より、今後の発展にも期待できるという点で将来を見据える必要性のある移住にあたり、候補としては問題ないでしょう。

 地方創生という旗が掲げられ、移住の促進を多くの地方自治体が声高に叫ぶようになりましたが、その実、生活していくことについて本気で人に提案できている地方自治体はどれだけあるでしょうか。

 移住促進というと、その土地の特産物や良いところを紹介しよう、いくらか助成しようといった安直な意見ばかりが目につくところを見るに、それについてはまるで無策な地方自治体が大半であるように感じます。

 そもそも、その地方自治体が今後生き残れるのかどうかさえ疑わしい中で、今ある良さを伝えられただけで、そこで生活していこうと考えられるのは能天気な極一部の人間だけであり、地方創生に基づく移住促進が単純に人口をいくらか増やす程度のものならばそれで良いのでしょうけれど、地方活性化という意味合いにおける移住促進であるならば、それは大失敗の誹りを免れないものであるはずです。

 しかし、現状を見るに、そのような考えの足りない地方自治体ばかりが目につく。単純な能力不足と言ってしまえばそれまでであり、それ故に衰退する一方なのだと感じるばかりですが、当の本人たちはそれが本気でその地方を良くするのだと考えているものですから、失望というより絶望といった印象です。

 地方への移住を進めるために、その地方の良さを伝えようというのは、つまるところ、その地方は現状のままで人が生活するに満足できる環境なのだと過信していることを意味しているわけですが、衰退期にある地方にそのような環境があるはずがないのは、誰が考えても瞭然です。少なくともそう考えていないのは、考え無しの地方自治体運営者ならびに有力者など地方行政に何らかの力を及ぼせる地位にある人々など盲目的な人々くらいなものでしょう。

 ならば、移住促進に伴って本当に伝えるべきは、現状が衰退期にある地方においては、未来への可能性であるはずです。

 今あるものの良さを伝えることは愚作中の愚作であり、思い上がりにも等しいわけです。

 本当にその地方自治体が良いのであれば、もう既に移住は増えているはずではないでしょうか。考え無しにその地方の良さを伝えようなどということばかりに注力する在り方は、移住が増えないのはこれまでその地方の良さを伝えることができていなかったからなどと、気楽に考えているのかもしれませんが、残念ながら、真実そうであるならば、人を惹きつけることのできる良さが本当にあるというのであれば、転出者はここまで凄惨な数には上っていないはずなのです。

 そもそも、長年住んできた人々がその土地を離れ、戻って来ない。

 これは、移住を促進どうこう以上に問題の根が深いものです。

 長年住んでいる人が離れていく程度の町が、どうして全く住んだことのない人を住まわせることができ、住み続けさせることができると言うのでしょうか。普通に考えれば理解できません。

 可能性があるとすれば、これまで人が離れていった間に、町が大いに発展したという場合ですが、さて、移住促進を声高に叫ぶ小規模地方自治体にあってそのような発展を遂げることのできたところはあるのでしょうか。私は寡聞にして聞いたことがありません。

 仮にもう一つ、そのような場合であって、移住が増えるケースとしては、元々住んでいた人にはまるで魅力ではないが、外に住んでいた人にとっては魅力的に映るケース。恐らくその地方の良さを発信することに力を注ぐ人々がほんのわずかでも物事について考えているとすれば、これだと思いますが、はっきり言って、このケースについては単純に運です。理由は明確で、良いと感じる内容が、基本的には多くの地方自治体が持っているものであることがほとんどであり、たまたま、その移住を考えた人のアンテナに引っかかり、その人の嗜好に合ったというケースである場合だからです。

 そこから、更に人を集めることができるかどうかは地力になってきますが、移住促進を真剣に考えるならば、まず初めにその地力こそを発揮していく必要があると言えます。入口が運であってはなりませんし、ただでさえ財源不足と思考放棄することの多い地方自治体にあっては、そんな数人を運で掴むために散財していては本末転倒です。税金を利用した勝ち目の薄い博打と言って良い。ならば、移住促進などに乏しい財源をばらまかず、現在住んでくれている心優しい人々に貢献することにこそ注力すべきです。めぐりめぐって、その方が人を惹きつける可能性もある。建設的に考えるのであれば、寧ろこの方が良い。

 とはいえ、人口が減少し続ける日本にあっては、人口の集中こそが寧ろ必要であることは目に見えています。現在の地方自体の数も、住居の散らばりも、全て百害あって一利なしと言えることでしょう。

 人が集まればこそ様々な可能性が生まれるわけで、現在の散らばった状態はいたずらにコストを生み、税収を垂れ流すばかりです。

 特に中小規模の地方自治体にあっては、生き残る必要を感じ、今後本気で生き残っていきたいと考えるのであれば、多少強引な方法を取ったとしてもコンパクト化を進める必要があると言えるでしょう。

 そうすることで、わずかではあるかもしれませんが、人口の集中を生み、それによって、コストを抑えた新たなサービスを生むことが可能になります。利便性も高まり、生活のしやすさも少なくとも今よりは上がるはずです。

 それを実現しようとせずにいたずらに散財する現状は、地方が衰退してきた理由の証左であり、それを改善させる能力が無いことの証明でもあると考えます。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 九月も最終週となり、来週の日曜日からは定期調整のため、一週間関連ブログにおける新規の受付を停止いたします。

 そもそも定期調整以外の期間についても新規の受付など行っているように見えないという意見もあるかと思いますが、運営の指針上、少なくとも私としては問題と考えておりません。スピード間の乏しさという点では、もう少し問題意識を持つべきだとは考えておりますが。また、読者にあっても、コンテンツの充実こそが必要とするところだと考えますので、その点については申し訳ないと感じます。

 とはいえ、現状の読者層は、恐らく関連ブログを目的にしているとも感じていませんが……(※その場合は、コメントやメール、各種SNSなどを通じて要望をいただければと思います。可能な範囲で善処いたします)。

 次回、10月分の定期調整においては、多少の変更を加えることを検討してはおりますが、現状様子見の段階は継続する意向であるため、あくまで検討段階といたします。

 まだまだ、目的を達成するための整備などに必要としていることが山積しておりますので、スピード感についても検討しつつ、可能な限り迅速に進めていく所存です。

 それにしても最近はめっきり肌寒さを感じるようになり、耐えかねて炬燵を整備してしまいました。

 東北においては、そこまで寒さや積雪が厳しい地域でないとはいえ、Tシャツでも汗ばむ東京という話を聞くにつけて、ここが北の地方であることを感じます。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ