読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「地方創生は単なるブーム?」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

newspicks.com

 

『地方創生 「ブーム」で終わらせないために必要な視点』/p>

内容

 地方創生を一過性のものにしないために必要な視点とは

雑感

 現実的に考えて、地方の全てを活性化するのは不可能であり、少なくとも国が予算を捻出するにあたっては、一過性にならざるを得ないと考えます。

 今回、国が掲げた地方創生の目的の根幹にあるのが例えば票稼ぎであるならば、恐らくばらまきが行われていること自体がその目的を果たす方法になるように感じます。

 一応方針として様々なものが挙げられていますが、よく表に出される東京への人口集中による地方の持続性の低下や出生率の低い東京に人が集まることによる少子高齢化の抑制不可、高齢者の増加による各種サービスの維持不能といった問題が目的の根幹にあるのであれば、わざわざ地方の活性化に力を注ぐことは、ただでさえ財政難の日本の財政をより逼迫させるものになるだけに終わるはずです。

 地方という言葉で一括りにされているため、先進事例や成功事例が挙げられることで、地方でもやりようがあるといった空気が生まれつつありますが、実際のところその多くは地方都市といった元々東京の影に隠れていただけで実力自体はあった地域です。そして、恐らく、そういった地域は、今回国の掲げる地方創生、地方活性化といったものに基づく各種支援を必要とするほど困窮や衰退している地域ではないでしょう。問題となっているのはそれ以外の地方。特に既に過疎が大きく進行しているところであり、本来地方創生や地方活性化といったものが必要となるのはこういった地域であるはずです。

 とはいえ、こういった地域の多くは、大抵能力そのものがありません。地方創生の気運に乗って自分たちの地域のよいところを発信しよう、移住者を増やそうなどといった声を上げ、何らかの施策を行いはしていますが、その大半が自己満足のそれであり、客観的に見ればおよそ成果など出せそうもないものばかりです。しかし、より問題なのは、その施策なり提案なりといったものにそういった地域の多くが、何らかの力がある、効果が出るに違いないなどといった自己満足や過信をしている場合が多いことです。中にはよそもこれで成功しているのだからうちもきっと成功するに違いないなどといった、非常に幸せな夢をさも現実であるかのように勘違いしている点です。

 その地域の良さは自分たちがよく知っている。よその人はきっとその良さを知らないから来てくれない。安易な考えが安易な策ばかりを良策であるかのように自己満足して、無駄なお金を垂れ流し続けているところが少なくないわけです。

 その自分たちでどうにかできるのであれば、そもそも衰退や没落などしていないだろうに、自分たちでもまだできるだなどと大きな勘違いを平然と行っているのです。

 普段から物事を広く考えている人や競争の渦中で動いている人、未来を見続けている人、能力のある人――そういった人々の多くが、地方創生において、地方に必要なことは変革である点を指摘しています。

 今までのやり方が、成果を出せていないばかりか衰退ばかりを招いているのですから、能力云々を置いても、そう考えることが自然とも言えます。

 けれど、現在多くのうまくいっていない地方は、自分たちにもできる、その地域は良いのだという前提に立って物事を動かそうとしている。

 言い訳として、東京の紛いものにならないようになどと口にする人も少なくありませんが、そもそも紛い物にさえなれないのが、その人々の限界です。過信というよりそれは最早妄想の域であり、従来のやり方や旧来の考え方、自分たちやその地域の在り方に拘る様は妄執と言って差し支えないレベルに達しています。未来を生きる必要のある若い人々に置き去りにされ続けて尚、そういったものに拘っているのですから、一体どれだけ狭い世界で生きているのか理解に苦しむ有り様です。

 地方創生を一過性のブームで終わらせないようにという記事を今回取り上げたわけですが、一過性であってもうまくいくものが出るのであれば、それでも良い方だと考えます。

 むしろ、地方創生などというものに貴重な財源と時間を使うこと自体が無駄であり、一過性以前に一時ですら行う必要がない、むしろ、日本の将来を真剣に考えるのであれば集中こそを創るべきだと個人的には考えます。行政も地方も必要な在り方にそぐわないほどに肥大化した結果が今の非効率、非生産的な地方の存在とも言えるのではないでしょうか。

 自分の住んでいる地域がより良い生活のできる場所になれば良いと誰もが考えるでしょうし、私もそう考えますが、期待できるかと言えば、それは全く別の話と言えます。それだけの能力が無いことは明白であり、斬り捨てることこそが全体から見たときに最も良い判断なのではないかと考えられるのが現状です。

 この先、地方創生というものがどのように運用されるのかは分かりませんが、今の在り方は無駄そのものだと感じます。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

後記

 最近、少々長くなっている気がしてなりません。また、批判の色ばかりが強いようにも。

 批判よりは建設的な内容のものを作成したいところですが、どうも力が及んでいないといった感触です。

 昨日のものにしたところで、間違いなくより書き方や編集の仕方があったところ、非常につまらないものにしてしまった感が拭えません。

 どうにか、より良い形で作り直せないものか今日一日考えていたのですが、どうも矛盾しているものを上手く伝える手段が思いつかず、結局作り直せずにいました。

 この点は、今後書くということを継続していく中で、精進していきたい点と言えます。

 さて、それはそうと、明日からの一週間は定期的な調整のため新規の受付を停止いたします。

 先月の調整では特に変える点などもなく、確認程度で終わらせましたが、今回は少々レギュレーション方面で変更を行う予定です。

 構成など大きなところでは変更いたしませんが、方針の面では小さなものにならないかと思いますので、ご理解いただきたく感じるところです。

 とはいえ、閲覧いただく分には何ら変わって感じるものはない変更にはなると思いますが。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ