読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

気仙管内通信:017「産業まつりを見てきました」

管理者ブログ 気仙管内の情報

 第35回大船渡市 産業まつり

 第29回三陸大船渡さんままつり

 隣接する会場で行われていたこれらの催しものを見てきました。

 これは大船渡市内にある事業所と銀河連邦・交流都市の物産が一同に会すという催しもので、また、この産業まつりの会場である大船渡市民体育館の外でにおいて、さんまの炭火焼が先着1500尾提供されるなどさんまにまつわる催しを行っているさんままつりが行われる形になっています。(同日、近接会場での開催は今回についてのみかもしれませんが、詳しくは分かりません……元々それほど興味がなかったので)

 普段食べられる秋刀魚の炭火焼には興味がなかったため、列をなす人々をよけて産業まつりの会場へ。

 体育館の内部に数十の事業所が自分たちのブースを構え、食品や加工品などの販売や展示を行い、産学官の活動を紹介するブースや椿関連のPRを行うブース、BRTのアンケートや似顔絵コーナー、キッズ向けの遊戯物がひしめいており、また、別の部屋ではキッズコーナーとして工作などが行えるスペースとパナソニックによるLED工作が催されるなど、小規模なお祭りといった様子が見えました。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

 ……と、簡単な文章のみによる紹介でもよくつかめないと思いますので、一部だけ写真とともにわずかな解説を行います。

DSC01931

  産学官ブースの一つで岩手大学のコーナーになります。北里大学水産学部のコーナーもありましたが、そちらは割愛。

DSC01933

  主に岩手大学が民間と共同で研究・開発しているコバルト合金の製品展示が行われていました。

 開場が薄暗く上手く写真が撮れないのが惜しい美しさでした。

DSC01935

  コバルト合金を用いて、大槌町事業所によって製造された酒器。

 研磨技術によって、まるで磁石のように器と下の皿とが吸い付くという代物です。

 お高いらしいです。

DSC01940

  こちらは市役所の起業支援室による六次産業化コーナー。

 主に六次産業化支援助成金の成果発表が行われていました。

 市役所の担当職員のお話によると「起業を手伝って終わりにするのではなく、その後の支援も継続することが大切」とのこと。ご尤もです。

 創業関係の助成金というと出ればそこで終わりというイメージがつきものですが、そうではなく、軌道に乗せるための協力も行う姿勢が大船渡市にはあるというお話。

 ビジネスプランコンテストの要項が公表され、来週から相談期間が始まりますが、市としても応援したいということですので、積極的な応募が行われると良いですね。

 ちなみにビジネスプランコンテストについては下記を参照。

rebreb.hatenadiary.com

  なお、紹介されていた事業は以下のようなものです。

DSC01939

DSC01943

DSC01942

  助成金についてはまだ募集中とのこと。 

DSC01941  

  助成金といいますか補助金ですが。

 ということで、あっさりですが、以上様子の報告でした。

  感想は広告を挟んでさくっとまとめます。

―――Sponsored Link―――

 

―――――――――――――

雑感

 当ブログ公式Twitterアカウントをフォローしている人は御存知かもしれませんが、当ブログ管理者は昨夜の段階で産業まつりを見るつもりはありませんでした。

 ブログのネタとしても、それほど困らないのが当ブログですので、わざわざネタ作りに出向く必要もないわけです。

 それが、何故出向いたのかと言えば、天邪鬼だからというわけではなく、単純に別件で外出する必要性が生じたのでそのついでに立ち寄ったというのが真相です。

 ……元々行く予定であれば、さすがにもう少し丁寧に記事を作りますしね。

 ところで、写真が何故産学官コーナーだけなのかと感じられるかもしれませんが、これは当ブログのポリシーによるものです。

 可能な限り人物が写り込む際には、当人かその代理人に許可を取るという内容が確か規約に書かれていたと思いますので、それに従っただけです。

 レポートに向いていないにも程がある規約内容ですが、どの道そうそうレポートを行うこともありませんので……(ブログ開設時に予定してなかったというのが大きいですが、それにしたところで規約を修正すれば良いだけで、直していないということは、つまりそういうことです)。人の後ろ姿など、その人を特定するような形でなければ偶発的に映り込む限り良いようにも感じますが、一応。

 さて、前置きはここまでにして、さくっと感想を書きます。

 私が立ちよったのは午前10時過ぎからの三十分程度でしたが、思いの外人が来ていたという印象でした。

 正直なところ、それほど人が集まらないだろう思っていたので、意外と言えば意外。

 何より、来訪者の大半は地元の人だろう中で、これほどまでに秋刀魚の炭火焼を食べたがる人がいることに驚きでした。

 うんざりするほど食べられる物という印象を持っている物だったもので……。

 まさか列を作って並んでまで食べたいと思う人が居ようとは……それも地元に。

 地元の人でない可能性もありますが、合同就職面接会よろしく対外的な広報がざるだったので、それほど来ていないように感じます。風貌や歩き方、所作を鑑みても地元の人であるように見えましたし。実際はどうか定かではありませんが。

 場所が狭いこともあって賑わっていたという印象ですが、運営的にはどうかはやはり定かではありません。

 来訪者の多くは高齢者、家族連れといった印象。中学生のような集団もいましたが、その集団が浮いて見えると言えば、およそ状況の想像がつくかもしれません。

 それでも夕刻のアメ横の五十分の一も人はいなかったと思いますが。

 見ていてどうかと思ったのは主に以下の点。

・この催しの目的が分からない。

・参加事業所が無秩序に各々の会社の何かを提供していることから雑然としている印象ばかりが強い。

・秋刀魚の炭火焼の列を単なる列として放置しておくのが勿体ない。

・誰をターゲットとしているのか分からない。

・この催しは何かしらの目的を達成するための手段としてあるものであるべきに感じるが、これが目的となっているように見え、各々の事業所については、それこそ休日にその辺のスーパーやパチンコ店、病院付近でブースを出させればそれだけで同種の効果が得られ、わざわざこの催しをする必要性がない。

 正直なところ、娯楽が少ない地域であることを鑑みれば、たまにこういったものがある必要性はあるように感じはしますが、それであるならばこういった形のイベントであることに正しさはないですし、そうでないのであれば、目的や方向性が不明といった感想。

 少なくとも産業の祭りというよりは、市(いち)といったイメージの方が強い。

 ターゲットが市内の人であり、目的が事業所の販売機会の創出ならば、市で良いと思いますが、これが市内の産業の活性化という観点ならば、ゼロから見直す必要性があるように感じるというのが正直なところ。

 少なくともその観点ならば開始前から失敗していると言えるのではないかと。

 そうはいってもこういった形で三十数回続いており、こういう形で落ち着いているのであれば、それで満足している可能性もあるので、それならばそれで良いとは思います。およそ自己満足のそれではありますが、参加者は楽しそうでしたし。

 私は今回で満足しました。

 なお、明日も行われるようです。日曜日なので、今日よりもいくらか混むのではないかと。もちろん、せっかくの日曜日、せめて釜石くらいまでは足を伸ばすかという人やいつも通り内陸に赴く人の方が多いようには感じますが。特に今日もほとんど見られなかった家族連れでない若い人は。

―――Sponsored Link―――

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシじょぶ―全国版―説明

リバアシわーく説明

リバアシわーく-全国版-説明

規約

――――――――――――――

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ