読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「地方×インターネットによって創る未来」:記事感想

管理者ブログ 記事時事感想

Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


newspicks.com

 

『インターネットで、みんなが地域にできること INTERNET for LOCAL DAY|Google イノベーション東北』

内容

 Googleの『イノベーション東北』の特別ワンデープログラムの案内。

雑感

 地方創生にあたりテレワークを安易に掲げる地域が増えつつあるように感じます。

 そういった地域の多くが、そもそもテレワークというもの以前にインターネットに疎いのではないでしょうか。

 テレワークの推進の前に、地元企業のIT活用の推進こそをするべきなのですが、安易に移住促進など目先のことばかりに気を取られる能力のない自治体は、ついつい考え無しに飛びついてしまうのが哀しい性と言えます。

 挑戦は必要であり、失敗から学ぶことは非常に多いのが世の常とはいえ、こういった考えたらずの自治体ほど一度の失敗で、自身の無能さではなく、安易に飛びついたもの自体を否定してしまうものですから始末に負えません。

 それは、もちろん老いによる価値観の狭量化が為せる業とも言えますし、臆病風に吹かれるやたちまち膝を屈する貧弱さとも言えますし、単純に無能とも言えますが、やはりどうしたところが、地方が地方たる所以であり、先の乏しさなのだと考えます。

 果たして、そういった力ない地方の小さな存続にまで、財政に窮する国が手を伸ばす必要があるのかとも思いますが、上っ面ばかり整えた東京一極集中の否定に明け暮れる未来のない人々が幅を利かせる世情では難しいのかもしれません。

 何はともあれ、安易に掲げるなら掲げるでしっかり学習を行って欲しいものであり、今回この記事と言いますか、案内を取り上げました。

 もちろん、参加しただけで能力が飛躍的に上がるといったことはあり得ませんし、そもそも理解できるのかどうかさえ疑わしいですが、安易に移住促進にはテレワークだなんだと死に急ぐのであれば、せめて情報収集程度は積極的に自らの時間、費用などで行って欲しいものです。

後記

 老いとは衰退である。

 そのような考え方を感じられることも少なくなったという人々が増えている昨今であるように感じますが、少なくとも思考や視野の衰退という意味においては、特に地方では寧ろより強く感じるようになったものと言えるかもしれません。

 地方と一括りにしてしまっては、懸命に前進している極一部の地方に申し訳が立たないため、以降この意味で地方を指すにあたっては過疎地と表しますが、その過疎地にあって、特に行政や民間企業の運営を行う人々、名士と呼ばれる人々にあってはまさしく老いとは衰退なのだと感じさせられる日々です。

 非常に残念なことに、そういった人々ほど自身の衰退に気付かない非常に狭い視野で生きており、また、その体たらくで町というものを動かそうとするわけですから、まるで町にその人々の残り少ない寿命が与えられた様相を呈しております。

 いわずもがな、町にはそういったどうしようもない人々以外にも多くの人が生活しており、その人々の残り少ない寿命の何倍もの時間を生きる必要のある人も少なくなく、そういった人からすれば、町ごと巻き込んで寿命を迎えられては迷惑としか言いようがないわけです。

しかし、この自身の衰退に気付けない老いた人々は、何を根拠としているのかは定かではありませんが、自らに未来を創ることができるという妄想を最早執着さながらの頑迷さで抱いており、加えて哀れなまでの蒙昧さから、それと現実の区別がつけられなくなっているもので、町に自身の残り少ない寿命と同等の寿命を与えつつ、挙句これからの未来ある人にその妄想と寿命を強いるという愚行を平然と行ってしまいます。

 言わば、過疎地における止まらぬ衰退というのは、この老いに多くの原因があるとも言え、この根と言いますか性根の腐敗は、それこそこの哀しき老いが一掃されでもしない限りはどうにもならないのでしょう。とはいえ、この老いによって生じる衰退した思考や狭まった視野などはとかく未来ある人に強いられる傾向もあり、それによって汚染、洗脳される人が生まれている以上、そうそうに消し去ることは不可能に感じられます。

 これについては、人口の流出こそが打開策と言え、未来や能力のある人はこれを自然に選択していることから、これに、より拍車がかかることを期待するのが一番と言えそうです。

 いずれにしても、老いが衰退と直接結びつかなくなった昨今において、未だ衰退との結びつきが見られる過疎地に未来を創るため、貴重な資産である人や時間、金を割くことは、過疎地だけでなく国にまで短い寿命を与える愚策と言うよりありません。

 哀しき老いに染まった人々が自らの無能さや衰え、時代への不適合などを知り、認め、弁え、潔く表舞台から身を引くことで未来ある人の力に委ねる、そういった常識的な判断が行えない限り、全ては無駄であり、浪費にしかならないことは明白としか言えません。


Sponsored Link

  

※有害サイトへのリンクではありません。


おすすめ記事

肥満児と痩身児が多い都道府県はどこ? ~ 稀に役立つ豆知識

 

亀田製菓、“柿の種”の日を制定。イメージキャラクターには注目の女優

 

携帯各社「2年縛り」方式を是正へ 無償乗り換え期間を延長

 

「これからのEC」の話をしよう


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

リバアシボイス説明

掲示板説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ