読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「河を渡るベルトコンベヤ」-写し事:005-陸前高田:001

管理者ブログ 写し事

Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


 陸前高田市の埋め立てに利用する土砂を運ぶために建設され、ほとんど観光資源としてその存在感を誇っていたベルトコンベヤですが、遂にその役目を終え解体され始めているとの報を耳にし 、さすがに一度ちゃんと撮影しておきたいと考えておりました。

DSC01126

 ちなみにこれは昨年あたりに撮影されていた写真。

 天気も悪く、またベルトコンベヤ自体が些か中途半端です。なお、今回撮影されたものも解体が進んでいるため完全なものではありません。

 完全な画像については恐らくどこかしらで公開されていることと思いますので、探してみても面白いかもしれません。

DSC01963

  途中の道端。

 浸水のあった旧市街地は割とこのような盛り土がいたるところに築かれています。

 やはり写真では分かり難いですが、その高さは小さな山といった様子で、中々に壮観と言えます。これ自体が滅多に見られない光景であることは間違いありません。

 天候に恵まれ、空が実に綺麗です。

 風が強く、それほどのほほんとしていられませんでしたが。

DSC01956

  ベルトコンベヤの解体現場。

 その姿は、もはや単なる鉄くずです。

 このベルトコンベヤ自体が世界でもそう見られるものではないというより、利用機会そのものが少ないため、鉄資源として姿を変えるのかもしれません。

DSC01965

  そして、いよいよと言いますか、目的のベルトコンベヤの一部。

 めちゃくちゃ大きいです。

 メカメカしさが心をくすぐりますね。

DSC01971

  今一大きさが分かりにくいと思いますが、下を通る大型ダンプとの対比で想像して頂けますと幸いです。

DSC01992

  基本的にはこの写真の中央にあるものが基点となり、四方にはりめぐらされる構造になっています。

DSC02006

  近くから見上げるとこういった形。

DSC02026

  河川を挟んで、山から伸びています。

 山を削り、その土を旧市街地まで直接流し込むといったイメージ。

 大型ダンプで何往復もするより速いとのこと。コストについては不明。

DSC02063

  別の角度からの視点の方がイメージしやすいでしょうか。

DSC02056

  ついでに一本松も見てきました。手前の幹が一本松のそれです。

DSC02061

  これが一本松。

 背景のバックホーの辺りは防潮堤建設のための埋め立てか何かでしょうか。

 防潮堤についても大分揉めているようですが、時間がかかればかかるほど予算がつかなくなることは自明の理なので、早急に決定しないとまずいことでしょう。焦る行政の苦難も想像できます。

 最近、費用の自治体負担などで騒いでいた人々もおりますが、時間がかかればかかるほど負担の割合は増える一方であるため、不要な論争は避けるに越したことはありません。日本全体で見れば、過疎地に資金を投じるのは負債を助長する行為であることは少なからず意識する必要があるように感じます。

 ちなみに一本松。

 実は津波に耐えて残っていた松はもう一本あったり、松の再生が可能になったりと一本という存在価値が曖昧なものであり、また、ほとんど人工物と化している上に維持には今後も莫大な費用がかかるとなんとも複雑な代物です。陸前高田市はこれ以外にも震災遺構として建物を残す意向があるなど、果たして、それを維持できるだけの財政運営ができるのか疑問も多い。

 このベルトコンベヤも解体が進む中で惜しくなったのか、今頃になって震災遺構として残すべきではないかと議論が始まったという話もあります。

 そもそも広大な新水域を埋め立ててまで、そこに町を復旧する必要があったのか、それさえ疑問なわけです。もちろん地区間の軋轢など様々な事情はあったことだと思いますが、オール高田での復興と言うのであれば、そのような感情的な議論を行っていることそれ自体が嘆かわしいと言わざるを得ません。

 被災により観光客などが増えたことで忘れているのかもしれませんが、陸前高田市は、震災以前は単なる交通における通過点程度の存在感だったわけです。

 町の復旧はいずれ叶うとは思いますが、その復旧にかこつけて将来的な問題を増やし続けているとも感じられます。最終的には大船渡市、気仙郡住田町との三市町村合併となると思いますが、私としては、町の未来を考え、これだけ多くの資金を得た機会にそれを見越した三市町村合同での町づくりを行うべきだったのではないかと感じるばかりです。

 町単体としての将来性については、その三市町村それぞれについて、期待値は非常に低いと言えます。

 現状、岩手県沿岸部については、強いてあげるならば釜石市の発展に賭けるというのが、冷静な見解と言えるでしょう。

 なお、FlickerやPinterestの方も更新しておりますので、宜しくお願いいたします。

 今回については、取り上げた写真は極わずかなものになっております。


Sponsored Link

  

※有害サイトへのリンクではありません。


他記事

旧古河庭園に行ってきました。 ~ 稀に役立つ豆知識

 

歴史好きの考え事: 貧困について考えてみた

 

株式会社はてなの財務諸表分析 - ゆとりずむ

 

丸紅、ホリエモン出資のロケットベンチャーを支援


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

リバアシボイス説明

掲示板説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ