読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「保育士不足、そして週始め」-記事感想:129

管理者ブログ 記事時事感想

newspicks.com

『政府の「学校の先生に保育士になってもらえば良い!」が、絶対にうまくいかない理由』

内容

 政府が考えているという保育士不足の対策として定年後の教師を利活用するといった考えが成功しない理由とは――駒崎弘樹氏の考え。

雑感

 政府が考えているという保育士不足の対策として定年後の教師を利活用するといった考えが成功しない理由とは――駒崎弘樹氏の考え。

雑感

 一億総活躍など平気で言う政府がろくに何も考えられていないことは、初めから多くの人々が指摘していた通り見え透いていたわけですから、今更、お飾りのような一億相の浅い発言を以って鬼の首を取ったように言葉を並べられても、同じく程度が低いと感じるばかりなわけですが、それにしたところで、保育士不足自体は深刻なのだと思います。

 保育士の給与の全国平均である20万程度の給与をそもそもどの職業においてももらうことの難しい地方においては、保育士という選択も他の職業を選択することとそれほど大きな違いがないわけですけれど、一般的に30万~50万は月額で頂くことが平均値となる都市部では厳しいのは間違いないでしょう。

 保育士になることが、イコールで生計を立てられなくなると知って、それでも就こうなどというのはそれこそ余程その仕事がしたくてたまらない勇者か考え無しの愚かな者のどちらかでしょうから。

 そうはいっても、地方においても将来的な面を考えれば、その金額で生計を立てていくことは難しく、地方は地方で、保育士以前の問題であるのは確かです。

 世の中、幸せはお金では買えないとか、お金だけが幸福の要素ではないといった言葉は多いですが、悲しいかなお金がないと生活をしていくことは厳しいわけです。

 保育士から若干離れますけれど、現在地方への移住促進やらのために、地方は子育てがしやすいなどとのたまう地方は少なくないわけですが、現実問題、収入が少ない以上、それはおためごかしかそれくらいしか言うことがないがために発信されている言葉でしかないことは想像に難くありません。もちろん、それを主に発信している行政職員ならば収入が少ないわけではなく、生活は安泰といって過言ではないため、話も違うのかもしれませんが、現実は都市部以上に子育てを行っていくことは厳しいと言えるでしょう。それに加えて、教育はもちろん、将来のための資産となるものに触れる機会も非常に少ないと言えます。周りの大人の能力水準も低いことから、周囲から受ける影響の質も悪く、とてもではありませんが、子育てに良いとは言えないのが現実でしょう。

 それはそれとして、保育士に限らず介護士についても問題が少なくない昨今ですが、収入という一つの指標は基より、根本的に働き方、そして何より雇用に対する企業側の姿勢を改めなければならない時期なのでしょう。

 逆を言えば、この点においては、地方にも好機と言えることは確かです。上っ面だけの子育て環境をアピールするのでなく、現在圧倒的に足りていない全てのものを満たすことができれば、ですが。

 個人的には、さっさと東京、東京近郊に人口を集め、その域内の住環境や育児環境等の改善に予算を集中させた方が手っ取り早いとは思いますが。今のような広範囲にばらまく必要がある状況のせいで非効率なお金の流れができているのは疑いようもないのですから。

―――Sponsored Link―――

 

※有害サイトへのリンクではありません。

―――――――――――――

雑記

 何を始めるにしたところで、何かを始めるというのは相当な負荷が伴うものです。

 多くの人にとってそれをイメージしやすいのは、月曜日と言えるかもしれません。

 何せ、休日であるところの土日または日曜日を終えて、新たな一週間の仕事が始まる日であり、それに伴って憂鬱になるといった声は枚挙にいとまがありません。

 たかだか一週間の仕事を始めるだけで、それだけの負荷が伴うのですから、全く新しいことを始めるというのは想像を絶するほどの負荷を伴うものと言えるでしょう。

 また、何かを始めるということは、同時に、何かを選ぶことであり、何かを選ぶということは何かを選ばないということでもあります。

 人間、手に入れることには躊躇いが無いものですが、捨てることには案外抵抗を抱くもので、この何かを選ばないという行為は、それと同様に何かしら躊躇いを誘発する行為に他なりません。

 何かを始めるだけでも負荷がかかるというのに、そのために何かを選ばないことで更なる負荷を負うことになる。まさに二重苦。これならば何も始めず、ただ漫然と今を延長させる方が楽であり、賢い生き方に違いありません。ぶっちゃけ、何かを始めるなんてありえない。

 ところが、そういう生き方なり在り方なりがもたらすものが何かというと衰退だというのですから、中々どうして世の中とは上手くいかないものです。

 まさに地方がその典型と言えるでしょう。昔をいつまでも引きづり、いつまでも昔のままであるかのように、錆が浮いているどころか、塵になった考え方や価値観で、ひたすら衰退ばかりし続けているのです。

 老い先が長くなく、あとはただ一日一日を眺めゆくだけだというのであれば別ですが、好き好んでそのような生き方なり在り方なりをしたいという人はさすがにいないでしょう。

 では、どうするか。

 やはり、何かを始めていく必要があるのだと思います。

 古きを捨て、新しきに飛び込む。たとえ負荷を負うことになっても、それは成長のための刺激と割り切り、振り切って、前に進むしかないのでしょう。

 何かを始める、何かを変えるということに否定的な人も少なくないのは確かですが、それは結局のところ妥協にすらならない諦観でしかないわけですが。まあ、諦観なのか底観なのか分かりませんが、いずれにせよ、それはほとんど自殺や自滅と変わりありません。失敗するよりはマシだとも人は言いますが、それは失態を恐れるだけの臆病でしかないのでしょう。そこが戦場であるならばまだしも、通常一つの失敗で命を落とすことはそうそうないものです。幾分恥をかく程度のことです。無意味に矜持が高ければ、その恥を命取りとする可能性も一応ありますけれど、そのような人は、寧ろその在り方そのものが恥だと知らない恥晒しも同然なのではないでしょうか。恥をかかないための生き方をしているつもりで、その臆病さが恥にしか見られていないことに気付いていないのです。

 決して、何かを始めることばかりを称賛するつもりも、それが人生における勝算ある生き方だとも言うつもりはありませんが、ただ衰退していくことほど愚かなことはないと、少なくとも私はそう感じる次第です。

 案外、今回取り上げた保育士不足の問題も、そういった面があるのではないでしょうか。

―――Sponsored Link―――

※有害サイトへのリンクではありません。

――――――運営――――――

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ

―――Sponsored Link―――

 

※有害サイトへのリンクではありません。

――――――関連――――――

リバアシ説明 

リバアシめいん説明 

リバアシなび説明

リバアシじょぶ説明

リバアシわーく説明

規約

――――――――――――――

カスタム検索
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ