読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「ホタテ貝に恋願い、地名を活かした地域活性策」-写し事:007-大船渡市:006

管理者ブログ 写し事

Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


  昨日に続いて、写し事になります。

 さすがに工事現場ばかりをご紹介するというのも味気ないですので、今回は趣向を変えようかと思います。

DSC02117

  山と海、空のコントラストになります。

 綺麗ですね。

 ちなみに、本日は大船渡三陸町綾里の恋し浜・砂子浜(こいしはま・すなごはま)地区の風景になります。

 恋し浜は、元々小石浜という名称だったのですが、観光地として盛り上げるために、現在の漢字表記に改めました。

 その効果は中々のもののようです。

 なお、現在、綾里地区の中心部から恋し浜に至る道路は急カーブの非常に多い峠道であり、通常冬季に訪れるにあたっては、とても難所と言えます。

 今シーズンは、未だに積雪が無いという暖冬著しい気候であるため撮影することができているわけです。元々岩手県内でありながら積雪の少ない地域ではあるのですが、今シーズンは異常と言って差し支えないほど雪が降りません。

 今年の漁業への悪影響は相当なものかもしれません。

 気候や生態系の変化、数の減少を思えば、漁業に依存する産業構造にはリスクばかりを感じるわけですが、それでも漁業を主幹産業と豪語し、それに依存しようとする大船渡市はもはや単なる命知らずと言えるのかもしれません。

 水産業自体、住民にすら避けられつつあることもまた、水産業へ注力することの難点であり、客観的に見て明らかに水産業の未来が暗い中で、他に産業力の薄い非力さのせいなのか、百害あって一利ない政治力のせいなのかは分かりませんが、現在の町の未来を捨て続ける姿勢には呆れるばかりです。

DSC02119

  海が大きく、広いですね。

 ちなみに、山の中から撮影しているため、とても寒かったです。

DSC02126

  一部界隈で有名になった恋し浜駅です。

 自動車で訪れるにはある程度の運転技術を必要とするなど不便さしかないため、三陸鉄道で訪れるのが無難です。

 とはいえ、何があるわけでもないのですが。

DSC02125

  ちなみに時刻表。

 この周辺で一時間半以上を潰せる人々に私は心の底から感心いたします。

 地元では赤字鉄道として有名な三陸鉄道ですが、震災のおかげで黒字になったということでめでたいものです。

 いつまで続くかが問題と言いますか、もってもあと2年程度ではないかと思いますし、いっそBRTにしてもそれほど利便性は変わらなかっただろうとは思いますが、頑張って欲しいものです。

 ちなみに、この駅に停車している間は、不安になるほど、車体が傾きます。

DSC02131

  恋愛スポットとして売り出しているようです。

 この看板の隣には鐘もありました。

DSC02141

  ホタテの貝殻に願い事を書くといった趣きのようです。

 願いも集まればどこかおどろおどろしさを醸し出す、そんな風に感じました。

 恋とは、それほど綺麗なものではないのかもしれません。

 そういう意味では、割と効能がありそうに見えなくもありません。

DSC02132

  こちらは有名声優をタイアップした鉄道ダンシのパネル。

 二人いたはずなのですが、一人しかいませんでした。

 逃げられたのでしょうか……。

DSC02142

  とのことなので、少し歩きました。

DSC02133

  案外距離があります。

 若干、侮っていました。

 ここに掛けられているのは、先程の待合室に入りきらなくなったあふれ出んばかりの想いたちなのかもしれません。

 叶うと良いですね。

DSC02134

  スロープを出たところで発見しました。

 まあ、願いとかないんですけどね。

DSC02149

  道路を挟んで、駅の反対側にはログハウスがありました。

 ウッドデッキの上で、バーベキューなどが行われるのかもしれません。

 ……たまにイベントとして行っているようですけど。

DSC02145

  ダイビングができるとのこと。

 当然ながら、今の時期は無理だと思います。

 ちなみに、本日は閉店。

 それにしても、ダイビングを行って、一体何が見られるのでしょうね。

DSC02128

  観光地として盛り上げたい意図が窺える恋し浜ですが、当面の課題は一軒あるかないかの宿泊施設に頼らず宿泊できる環境の強化と、何より観光を堪能するための娯楽ではないかと。

 海と言っても基本的には漁港ですので、一般的な海の楽しみ方は中々難しいですし、かといって、あとはこじんまりと寂れた集落があるばかりです。

 トンネルの開通によって綾里地区の中心部との行き来は随分と容易になるかと思いますが、そもそも綾里地区自体が、小さな商店があるばかりで、コンビニ一つない寂れた集落です。

 宿泊施設はあるものの、レジャーがあるとは言えません。

 気象観測所が山深いところにある程度です。(以前はロケットを飛ばしていましたが)

 宿泊施設については、今後規制緩和が進むだろう民泊の有効活用が検討されると思いますが、古めかしい価値観でがんじがらめになっている田舎である以上、民泊に寛容な土壌であるとは言えません。

 漁業体験や農業体験といった声も聞こえますが、生業として行われている漁業や農業を体験することはレジャーとは言えません。あくまでレジャーとしての付加価値が成された漁業体験や農業体験がレジャーとしての魅力を持つわけです。

 現在、議論は行われているのかもしれませんが、耳にする限りでは、単なる生業を体験させることに意識が行ってしまっているように感じ、流石田舎、田舎は所詮田舎でしかないといった感じです。

 今でこそ、震災特需で来訪客は多少ありますが、それも数年もたないことは確実でしょう。今後その来訪者数の減少を避け、増加させるためにどういった戦略を企て、実行していくか。

 時間は余り無いと言えます。

 それはさておき、武蔵野美術大生が三ヶ月間この地に住んで、この地をテーマにした作品を製作したとのことです。

小石浜に恋し卒業制作の油絵 武蔵野美術大の学生

 最終的には、この近くにできる食堂に飾られるようですが、それまでは大学でも見られるということですので、お近くの方はぜひ鑑賞いただけますと幸いです。

 それにしても、食堂は大丈夫なのでしょうか……普段は人一人歩いていないですが。

 ちなみに、取り上げた写真以外の写真はFlickerにありますので、そちらもご覧いただけますと幸いです。当ページ下部のリンクより覗くことができるかと思います。 


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


他記事

何も出てこないのにまたブレストですか | リーダーのためのデジタルビジネス入門 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

 

店舗デザインの"賞味期限"は何年? | Fashionsnap.com

 

渋谷、“ビットバレー2.0”のカオス:日経ビジネスオンライン

 

『なんにもないから知恵が出る 驚異の下町企業フットマーク社の挑戦』 - WISDOM


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ