読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「地方の話題に対する10のコメント」-綴り事:6

管理者ブログ 綴り事

 NewsPicksにおいて、私がコメントを行った記事に対するコメントを編集した上で、まとめる企画になります。

 主に「地方を取り上げた記事」が中心になるかと思いますが、それ以外についても行う予定です。


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


盛岡市、広域連携で50事業 都市圏ビジョンで素案

 この、そこじゃない感。

 盛岡市はそれほど狭くないので、広域連携などせずにどんどん様々なものを集中させて行けば良い。

 店や住宅地などが点在しすぎて、徒歩圏の使い勝手が悪く中途半端なことが、発展を阻害している。

 中途半端に事業費を垂れ流すなら、黙って仙台を模倣していれば良いものを。センスがない。

 

被災地支援続けた米兵 誇りと感謝を胸に帰国 (デーリー東北新聞社) - Yahoo!ニュース

 感謝の一言に尽きます。

 ありがとうございました。

 

復興の今、感じに来て 陸前高田市が2月ツアー開催

 恐らく、これなら個人で旅行しても得るものはそう変わらない……寧ろコストを抑えられる。どちらが良いかは人それぞれだと思いますが。

そ れにしても、感謝の気持ちもおもてなしの気持ちもまるで感じられない。

 

高校と特別養護老人ホームが連携、介護の人材育成へ (デーリー東北新聞社) - Yahoo!ニュース

『久慈平荘を運営する「社会福祉法人みちのく大寿会」は、県から初任者研修を実施する事業者として指定を受けており……』

➡これは本来、県の緊急雇用事業として行われているものの一つではなかろうか。

 その場合、人件費および資格取得にかかる費用などの一切が事業費の一部になっていると思うのだが、高校生に給与は支払われるのだろうか?

高校と特養が連携して介護の人材育成という触れ込みは一見良い策に見えなくもないが、そういった面についてしっかりと透明性を確保して欲しい。可能な限り、仔細を公表すべきだろう。

また、

『下町校長は「生徒に夢や希望を与えるのが学校の役割。特色ある取り組みを進め、人口減社会で地方創生を実現するロールモデル(手本)となれれば」と話す』

➡この発言には、生徒についての思慮が感じられず、大人や地域の一方的な価値観の押し付けになっているように見える。

 介護、まして地元の小規模な法人で勤めることで得られる賃金と他地域・他職種で得られる賃金の比較は当然として、現代における働き方についての考え方など広く生徒が知ることのできる環境を整えた上での発言であり、企画なのか疑問である。仮にそうでなければ、無知な高校生に対する進路誘導であり、教育者・教育機関として到底許される考えではないのではないだろうか。

  あり得ないとは思うが、もし仮に岩手県自体がグルで、且つ給与が支払われないのであれば、事業費削減のために無知な高校生を利用する格好になっていると言わざるを得ない。

 およそ労働局案件だが、恐らくハローワークも噛んでいる。大丈夫なのか?

 

NHKドキュメンタリー - ろーかる直送便 クローズアップ東北▽ゼロからの町づくり~陸前高田それぞれの選択

 難事業にした、が正しいようにも感じるが。

 そもそも、わざわざ埋め立ててまで、その上に町を復旧させる必要性まではなかったわけで。

 これによって狭い地域で、商圏も住宅地も分散という震災以前よりも悪い環境ができることに。

 正直なところ、何がしたいのか、どうしたいのか、理解に苦しむ。

 地区ごとの軋轢やしょうもないプライドだけを守ろうとしたことは理解するが、それが一体何になるのか。

 

開業率1位、福岡市が起業しやすいワケ:日経ビジネスオンライン

 震災以降被災地においても特に社会起業を冠した、NPOや社団法人などの起業が相次いだが、結果的に言えば百害有って一利無しの状況と化している。

 やはり、福岡市のように完全営利法人の起業増加による経済の新陳代謝の活性化が望まれる。

 特にIT方面は東北全体で遅れを取っている分野であり、力を入れる必要がある。企業誘致はその観点でも特に必要。

 企業誘致による、住民および既存経営者の経営意識の強化、スキルアップを図り、起業を増加させるという手順が必要と考える。 

 福岡市を見習って欲しいが、現在の東北のスペックでは、まだまだそれをするには遅れがありすぎ、中途半端なものにしかできないだろう。

 高島市長の力は元より、街としてもポテンシャルも高かった福岡市ならでは。

 市長の能力が高いと言えず、元々のポテンシャルもそう高くない東北各市においては、緒にもつけていない。

 寧ろこの空気に当てられ、また被災を噛ませて、特に社会起業の増進など安易な舵きりをする姿には危機感さえ覚える。

 

高校生のビジネスプランが面白い!

 審査基準がガバガバに感じるが。

 何より、学校単位であること、お金の観点を感じないことに主催側の自己満足を感じる。

 起業は増えて欲しいが、例えば被災地における社会起業を冠した杜撰なNPOや社団法人の乱立などといった、助成や補助頼みで力無い事業者、事業所の起業増加ならば百害有って一利無し。

 真っ当なビジネスの増加、循環が求められる。そういった意味で、高校生のビジネス感醸成という本来の価値を高めるためにも、より現実的な審査が求められるのではないだろうか。

 それと、トーマツは、東北創生についてもう少し成果を出して欲しかった。

 支援である以上、有り難さは感じるし、経営者のスペックの問題が大きいため仕方ないと言えば仕方ないが。

 

岩手の食や土産、マレーシアへ発信 人気ブロガー視察

 パソナが噛んでいるのだろうか。

 このような動きを行うと以前記事に見たが。

 仮にパソナが噛んでいるならば、さほど効果は出ないだろう……

東北へ訪日客誘致、パソナが支援 記事書く外国人に旅費:朝日新聞デジタル

 そもそも、現時点では、被災地という点を除いた海外からの純粋な観光目的の旅行者は多くなく、また、決済や案内を筆頭に海外からの旅行者向けの対応もできているとは言い難い。

 順序がおかしいとも言える。

 

「集中復興後」どう支援 東日本大震災5年 (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

 5年もの月日が経とうとしている中で、未だに不足しているというが、不足しているのは、人員なのか、人員を使う能力や職員の基本的な能力なのか甚だ疑問である。

 記事中では大槌町について触れられているが、大槌町の場合、庁舎解体や被災船の復元など余計なことに労力を割いているせいでもあるのでは。

 

<適少社会>乳幼児増 町の将来託す | 河北新報オンラインニュース

 おらが大槌夢広場……ああ、あの正直何やってるか今一分からない意識だけ高い系団体……というのはさておき、喜ばしい話題。

 15年後まで大槌高校は残っていないというより大槌町自体残っていないと思いますが。

 


Sponsored Link

  

※有害サイトへのリンクではありません。


おすすめ記事

肥満児と痩身児が多い都道府県はどこ? ~ 稀に役立つ豆知識

 

亀田製菓、“柿の種”の日を制定。イメージキャラクターには注目の女優

 

携帯各社「2年縛り」方式を是正へ 無償乗り換え期間を延長

 

「これからのEC」の話をしよう


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

リバアシボイス説明

掲示板説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ