読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「囲碁のまちで復興を!海も楽しもう!」-写し事:11-大船渡市:10

管理者ブログ 写し事

Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


 町の風景写真とともにコメントをお送りしているこの企画ですが、これまで悲観的ないし批判的なコメントが多く、さすがにこのままでは大船渡市側から何らかのお叱りを賜るかもしれないという危機感に突如苛まれたため、今回はこれまでとはテイストを変えてお送りしたいと思います。

 ちなみに、前回の続きになりますが、ここからでも読むことのできる読み切り型のコンテンツになっております。

 一応前回はこちら。 

rebreb.hatenadiary.com

  さて、さっそくですが参りましょう。

DSC02348

  とても美しい松に彩られた道です。

 今回、私は一人凍える手でカメラ片手に歩きましたが、友人や恋人、家族などとご一緒に歩けば身も心も温まり、またこの美しさに心洗われること間違いありません。

 荒んだ感想を抱くこともまずないでしょう。

 中々傾斜が急になっているため、ジョギングや散歩にも良いかもしれません。きっと良い運動になるはずです。

 手すりのようなものはありませんが、杖などを使うことで、杖が地面を打つ音と激しい潮の音のハーモニーを楽しむための演出だと思えば、自然と心も弾むというものでしょう。決して息が切れている音ではありません。普段体験することのできない自然と自分との一体感、その感動にあなたの心臓が震えているだけなのです。

DSC02360

  木々の隙間から見える、この世の平穏とは一線を画す光景に、あなたは思わず柵を乗り越えたくなるかもしれません。

 その気持ちは察しないでもありませんが、少しだけ待ってください。松に彩られた道もあなたの人生もまだ道半ばです。もう少し歩いてみても良いではありませんか。

DSC02361

  少し歩くと、このような看板が目に入ります。

 しかし、まだ上へと進むこともできますので、ひとまず上へと参りましょう。

DSC02366

  すると、東屋のようなものが手前に現れます。

 さすがに少しばかり疲れているかもしれません。

 潮の奏でるダイナミックな音に耳を澄ませながら休むというのも良いかもしれません。

DSC02371

  一応、注意書きがありますので、ご利用の際にはご一読を。

DSC02373

  取り急ぎ手直しした様子が実にほほえましいですね。

DSC02374

  東屋からは何やら白い鉄塔が見えます。

 何に使うのでしょうね。

 この開けた場所で行えることというと、宇宙人との交信やスパイ活動のための暗号解析などが思う浮かびますが、もしかすると、この下にシェルターか何かがあるのかもしれません。それとも海の底に繋がっていて海底に棲んでいる何者かがここと地上との通路として利用しているのかもしれませんね。

 豊かな想像をかき立ててくれれます。

DSC02377

  近くに転がっている岩は、なんと碁盤になっていました。

 海岸まで降りて、砂利の中から碁石に似ているという石を探して、ここで一局、なんてのも風情があります。

 何日だって過ごせそうです。

 神の一手よりも仏の一手が打てること間違いなしですね。

DSC02380

  更に先に進むと、何やら展望台のようなものが見えてきました。

DSC02382

  絶景かな。絶景かな。

 視界一杯に海が広がります。

 思わず、日頃の仕事の愚痴、憎き上司への恨み言、普段愛用しているサービスへの不満……そういった自分の中で蠢き渦巻いている淀んだものを「馬鹿野郎」の一言に込めて叫んでしまうかもしれません。

 きっと海は無言で聞いてくれることでしょう。

 これで明日からもストレスフルな毎日に身を投じることができるかもしれませんね。

 決して海に身を投じてはいけませんよ。下は海は海でも岩の海ですからね。

DSC02388

  ででん。

 何やら音楽でも聞こえてきそうな景色です。

 鬼ヶ島に渡る直前の桃太郎の気持ちになることができるかもしれません。

DSC02398

  では、先程の遊覧船乗り場へ参りましょうか。

 ノアの箱舟でも彼岸へ渡るための船でもありません。

 海を遊覧するための船です。まったくせっかちなんですから。

DSC02402

  お食事処がありました。

 何が食べられるのでしょうね。

 何か食べられると良いですね。

DSC02403

  これが遊覧船でしょうか。

 小ぶりな船体に胸がおろおろ躍りそうですね。

DSC02409

DSC02410

  エキサイティングでファアンタスティックな船旅ができそうです。

 さきほどの小ぶりな船でこの海に出る。

 なんと心が躍ることでしょう。

 きっとこの世のものとは言えない体験ができるかもしれません。

三陸ジオパーク | 碁石海岸穴通船

 参考までに、こういったもののようです。

DSC02415

  海から上がって少し歩きますと、そこには市立博物館。

DSC02416

  何やら企画展を行っていたようです。

 なかなか自虐が利いていて面白いですね。

DSC02418

  レストハウスのところまで戻り、更に少し歩きますと、情報館といったものが見えてきます。

 この辺りの情報を教えてもらえるようです。

 こちらも最近建てられた様子です。お国に感謝かもしれませんね。

DSC02421

  利用の仕方はお客様次第といったところでしょうか。

DSC02424

  ジェイソンがおりました。

 あ、違います。観光物産協会の人ですね。

 チェーンソー片手に何やら楽しそうです。切るものが見当たりませんが、気でも切っているのでしょうか。

 中々楽しませてくれますね。

 ちなみに、ここから少し歩くと、キャンプ場があるようです。

DSC02431

  こちらはオートサイトと呼ばれる区画です。

 ほかにフリーサイトと呼ばれる、区分けされていない場所があります。

碁石海岸青少年キャンプ場 - じゃらんnet

キャンプ場 | 大船渡市

 GWと7月中旬から10月末日まで利用できるようです。

 テントについてなど、事前に連絡してから利用を検討した方が良さそうです。

DSC02432

  年金積立還元融資施設の表記が見えます。

 ちょっと話題になりましたね。

 ……と、今回はここまでです。

 今回は普段とはテイストを変えてみましたが、いかがだったでしょうか。

 次回はどうなるか分かりませんが、お楽しみ頂けましたらこれほど嬉しいことはありません。

 最後に一つだけ言うとすれば、「寒い日は温かな部屋でゆっくりするのが一番」ということでしょうか。 

 ちなみに、取り上げた写真はFlickerあるいはPinterestにありますので、そちらもご覧いただけますと幸いです。当ページ下部のリンクより覗くことができるかと思います。 

 加えて、当ブログおよび当ブログ管理者が撮影した写真については、基本的にご自由に使用して問題ありませんので、もし使いたいものがあった際には下部にあるメールアドレスもしくはSNSアカウントへのダイレクトメールなどでご連絡ください。

 猫の写真以外は原則問題ありません。


Sponsored Link

  

※有害サイトへのリンクではありません。


おすすめ記事

NTTドコモが『実質0円』を2月1日に廃止、『2年縛り』無料解約期間も2ヶ月へ延長。加藤社長が明言

 

NewsPickerが考えるワークスタイルの「理想と現実」

 

ソーシャルで変わる、賢いネットニュースの読み方は?

 

SNSのスペシャリストが語る、球場を特別な空間にする「演出術」


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

リバアシボイス説明

掲示板説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ