読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバアシ(岩手県大船渡市)

岩手県大船渡市から地域情報や地方の話題への感想を伝えるブログです。なお、当ブログの記載内容は当ブログ管理者個人の見解になります。

「仄暗い景気の中で……」-写し事:14-大船渡市:13

管理者ブログ 写し事

 ジグソーパズルのピースを埋めるように、大船渡市を写真に切り取って好き勝手言っている風になりつつある当更新ですが、今回もその体でお送りいたします。

 ちなみに今回の撮影場所がどの更新に紐づくかと言えば、

iwate.rebreb.net

  こちらですね。

 この時に撮影し損ねていた一階部分になります。

 本日は日曜日ということですし、ショッピングセンターを眺めつつ緩くいきましょう。ちなみに、一応、付近の商店街も撮影しております。


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


 さっそくですが、始めます。

DSC02655

  エスカレーターをおりたところの、広場(?)ですね。

 ものの見事に人がおりません。ちなみに、撮影したのは平日の昼時になります。

 左側が、数年前にアークスグループに吸収されたスーパーのジョイス。

 中央奥、左側がお茶屋、右がカウンターになります。

 先日、この広場では、

三鉄貸し切り、大船渡PRのCM撮影 市民120人参加

 上記記事で紹介されている事業の関連なのかは分かりませんが、合同会社みんなのしるしによって行われました。

 この企画自体は、大船渡市より委託された事業によって行われていたようです。

マチパブ | 大船渡市役所 | 「大船渡プロモーション推進事業」の委託事業者を募集します

 こちらですね。

 それにしても、大船渡市の魅力(?)と称したものをちりばめた二分程度の動画を製作し、インターネットで流すとのこと。

 まあ、何から何まで杜撰と言いますか、センスが無いと言いますか、戦略性皆無という、既に残念な感じしかしませんが……。

 発注した側も発注した側という感じです。

  大船渡市の女性グループによる手品なども動画には含まれるとのこと。その女性グループオオフナコは別に手品を行っているグループでもなんでもないのですけれどね。

 三陸鉄道車両にウエディング衣装に扮した夫婦の撮影も行われたそうです。三陸鉄道車両での結婚式など生まれてこの方聞いたこともないのですが、三陸鉄道の新しい企画か何かなのでしょうか……。

 そもそもインターネットに流して、大船渡市なんていう知名度の欠片もなければ、内容に魅力も無さそうな二分の動画を見る人間がどれくらいいるのでしょうね……広報戦略を伺ってみたいものです。

 動画は特設サイトで流すそうですし。

 YouTubeは使わないのでしょうか。

 使わないとすれば、理由が不明です。

 それとも、よほどPVのあるサイトなのでしょうか。

 田舎レベルの意識だけ高い系といったところかもしれませんが、都市部のそれと異なり、厄介さしか感じません。

 まあ、とりあえず新しい取り組みということで、上手くいくと良いですね、とだけ。

 少なくとも発注先は完全に誤っていたのではないかと思わなくもないですが。

 そもそもこの事業自体がうさんくさい……。入札も公正な競争によって行われたのか怪しいものです。

 600万円。

 ドブに捨てるには随分な額に感じますが。

DSC02656

  さて、先程の写真を撮影した場所の背後には、このショッピングセンター……通称「サンリア」の正面入り口があるわけですが、その入口を入ってすぐの右手側がこちらになります。

 以前は北日本銀行被災により流失したためこちらに入っており、利用者が訪れていました。

 北日本銀行大船渡町……

iwate.rebreb.net

 こちらで取り上げた地域の国道沿いに再建され、テナントとしては撤退し、今は大船渡市で障がい者福祉を行っている、社会福祉法人大洋会が運営している喫茶店が入っています。

 通路の奥にあるのはゲームコーナー。

 大船渡市では昨年ゲームコーナーとバッティングセンターを行っていた事業所が無くなり、今や住宅地へと様変わりしておりますので、市内唯一のゲームコーナーとなっています。

 中では、おばあさんが一人スロットを行っていました。

DSC02659

  ちなみに外に出ると、商店や飲食店が少しあります。

 右手側、自動販売機が前に置かれている建物が、市内の事業所で最も従業員数の多い株式会社マイヤになります。

 まあ、就業地を大船渡市に限定すれば、最大の従業員を抱えているのは市役所ですが。

 元々マイヤはこの建物でスーパーを行っていたのですが、随分と前にここでの営業はやめており、この建物を放置していたところ、震災によって本店を流失し、以降はここを本部事務所として利用しています。

 地元住民に愛されている企業と言えるかは怪しいところですが、市役所としては丁重に扱っている事業所と言えます。

 奥の緑色っぽい建物の更に奥の方に、最近社名を株式会社東日本ハウスから株式会社日本ハウスホールディングスへと変えた、東京証券取引所一部上場企業の大船渡営業所があります。

 二部上場、一部上場ともに震災以降ということで、割と震災特需の恩恵を受けた企業なのかもしれませんね。

 社名変更のタイミングが今一よく分かりませんが。

 社員はうぇーいって感じの人が多い印象です。

DSC02661

  さて、店内に戻りまして、正面入り口から入って左側。

 以前はフードコートがあった場所ですが、今はパン屋になっています。

 フードコートは以前紹介した通り二階に上がっています。どのみち来客が少ないので、どちらが良いとは言えませんが、来店目的がほとんどスーパーと銀行ATMとなっている以上、フードコートに入るテナント的には一階の方が良かったかもしれませんね。

 右手奥は先述した通り、スーパーになっています。

DSC02652

  こちらは、先程ご案内したカウンターの通路を挟んで右隣。

 カウンターから言えば、正面になるのでしょうか。

 写真の右側が雑貨店。

 右奥には書店。

 左が美容室とスポーツ店。

 おおまかに言えば、そんな感じです。

 まあ、雑貨店については、高校生が帰りのバスを待つ時間などに覗く程度には丁度良いかもしれません。買うかどうかはさておいて。

 維持できるのでしょうか。

DSC02654

  写真の撮り方が悪くて、順路が分かり難くて申し訳ありませんが、こちらは、一番最初の広場の右手。

 先程の雑貨店脇の通路を右折し書店の前を通るとやはり右手に見える景色になります。(ここも図を描けば良かったかもしれませんね……)

 写真右手側が靴店、左手が贓品店……? 茶器などが中心に置かれています。

 その奥が薬屋、通路を挟んで薬屋の向いが化粧品店です。

 ここについては、以前と変わりません。内装が若干変わった程度ですね。

 正直、ずっと営業を続けていられているのが不思議なのですが、何かしら大口の販路があるのかもしれません。

 ……ということで、今後は裏口から外に出ます。

DSC02644

  裏手には公園があります。

 ちなみに、写真の左側には仮設住宅があります。

 この寂れた感じが、どうしようもなさを物語っていますね。

 春には桜が咲きます。

DSC02633

  その公園の左側。

 つまり、写真の右側に仮設住宅があります。

 道路ですね。

DSC02634

  魚屋がありました。

 プレハブということは仮設でしょうか。

 電話番号は……誰に向けたものなのか……ちなみに市外局番は0192です。

 ここで店主の話を訊きにいかないのがリバアシスタイル……というわけではありませんが、今回は散策のみに徹しています。(この日は早く帰りたかったので……)

DSC02636

 先程の魚屋の前を直進し、左側を見るとこちらの光景です。

 商店街、らしいです。

 一応、ほとんどの店は開いています。

 そして空いています。

 一応商店会のようなものはあるらしいですね。機能しているとはとても思えませんが。

 商店街の必要性をとかく田舎は主張しますが、果たしてどのあたりに必要性があるのか、甚だ疑問しか抱きません。

 ちなみに、岩手銀行の手前の手前は魚屋です。

 魚屋には困らなそうです。 

DSC02638

  そんな商店街(?)の中に、震災後新しく開業した美容室。

 蛮勇と言っても良いかもしれません。

 銀行の営業が年中無休とかになれば稼げるのかもしれません……。

 さすがに、顧客がいるからこそ開業したのだと思いますが。

DSC02640

  ちょっと進むと、介護センターがあります。

 その後ろには障がい者の日中活動を行う、地域活動支援センターがあります。

 写真撮影は、ここから左に曲がります。

DSC02641

  大船渡市では数少ないメンズアパレルを取り扱う店になります。

 松屋

 別の店舗で婦人服や鞄なども扱っています。

 なお、入ったことはありません。

DSC02642

  サンリアの裏手に戻ります。

 左側ですね。

 ちなみに、ここからちょっと先の写真が……

DSC02643

  こちら。

 ほたてバーガーを取り扱っているザ・バーガーハーツ はこちらになります。

 なお、やはり入ったことはありません。

 モスで十分なので……。

 ということで、今回はここまでになります。 

  写真については、鋭意撮影中です……はい。

 ちなみに、取り上げた写真はFlickerあるいはPinterestにありますので、そちらもご覧いただけますと幸いです。当ページ下部のリンクより覗くことができるかと思います。 

 加えて、当ブログおよび当ブログ管理者が撮影した写真については、基本的にご自由に使用して問題ありませんので、もし使いたいものがあった際には下部にあるメールアドレスもしくはSNSアカウントへのダイレクトメールなどでご連絡ください。

 猫の写真以外は原則問題ありません。


Sponsored Link

  

※有害サイトへのリンクではありません。


おすすめ記事

神戸にお試し移住してみない?―最大14日間無料で宿泊できる「LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ 神戸)」 - えんウチ

 

自治体を悩ませる遊休施設。 合宿ビジネスで新たなチャンス

 

「育児も仕事もしやすい世界へ」リクルートが解決を目指す、働くママを取り巻く3つの課題 - ログミー

 

社員の上下関係ない方がいい? 上司を廃止したらこうなった


Sponsored Link

※有害サイトへのリンクではありません。


運営

ブログ管理者:鈴木 昭真(スズキ ショウマ)

From:岩手県 大船渡市(Iwate Ofunato)

メールアドレス:rebreb.vb@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/rebreb01541

 Facebookhttps://www.facebook.com/rebreb01541

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/rebreb

Flickrhttps://www.flickr.com/people/rebreb1541/

Pinterest:https://www.pinterest.com/rebreb01451/

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ


Sponsored Link

 

※有害サイトへのリンクではありません。


関連サイト

リバアシ説明 

リバアシじょぶ説明

リバアシボイス説明

掲示板説明

規約


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ